情報の氾濫を抑える|ワークフローシステム導入で仕事の全体図を可視化出来る!
笑顔の人たち

ワークフローシステム導入で仕事の全体図を可視化出来る!

情報の氾濫を抑える

資料

情報が氾濫する昨今の情報社会では、手元にも自然と情報が溜まっていきます。なんらかの記事や音楽ファイル、動画ファイルなどを保存するにしても、最近では自前のHDDではなく無料のインターネットクラウドサービスを用いた情報整理が可能です。これらのサービスはパソコンは勿論、スマートフォンやタブレットなど複数の端末からアクセスする事ができ、それを同期する事によって従来の情報整理が格段に容易になりました。加えて情報共有サービスも無料で活用する事ができます。簡単なものならSNSなどがありますが、これは仕事関係で使用するには情報漏洩の危険性があるので、注意が必要です。使用用途に合わせた情報共有サービスツールを選択する必要があるでしょう。

情報共有自体はどのツールでも行うことができますが、例えば仕事関係の情報共有をする際には相応のサービスを選択する必要があります。中には些細な操作ミスで重要な情報が拡散されてしまうものもあるので、特定のグループでのみ使用する資料などをやりとりする場合は、ユーザー間交流が活発なSNSなどの使用は控えたほうが良いです。このように、情報共有自体の中身の機密性でそれをやりとりするツールを選択しなければ、情報漏出の危険性があります。今日のインターネットサービスツールは非常な利便性がありますが、便利だからといって機密文章などを投稿すると取り返しのつかない事態にもなりかねないので注意が必要です。そのためにも、あらゆる交流をする前には資料の機密性を確認しておく必要があります。